忍者ブログ
[220]  [219]  [218]  [217]  [216]  [215]  [214]  [213]  [212]  [211]  [210
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




PPSEZは、しっかりとしたモノづくりをされている中小企業の誘致にも積極的です。

281dd824.jpegdb2556bd.jpeg






画像左は、表参道に本店のあるファッションバッグを生産する予定の工場が建設中です。画像右は、岐阜に本社がある高級婦人服を中心とした縫製を行う会社が入居するレンタル工場の骨組みが上がってきています。

16299e89.jpeg






こちらは、マレーシア資本の工場で、ラベルやステッカーを専門につくる工場の工事が進んでいます。いずれも床面積2,000~3,000m2の工場です。

015e74da.jpeg




さらにPPSEZ内ではもはや老舗と言える婦人靴製造のクリーン・サークル工場(2010年3月操業開始)は、拡張工事に入りました。日頃の様々なご苦労を乗り越えて、こうして事業が発展している様子を目の当りにすると、私もうれしくなります。

a2889503.jpeg7d22db7d.jpeg





一方、大手入居企業の1社、住友電装(スミ・カンボジア)社の工場が竣工し、今月より生産を開始されています。一言、立派な工場です。先日、少し中の様子を拝見しましたが、一見、複雑そうに見える自動車用ワイヤーハーネスをカンボジア人の工員がつくっている様子を見て、カンボジア製造業の新しい時代の幕開けを実感しました。

e68f7cfd.jpeg






さらにはミネベア社が今月から第2工場の建設を始め、杭打ち工事が進んでいます。長さ400mx幅70mの航空母艦のような巨大工場が来年早々には、もう一つ稼働し始める予定です。この間、日本人MDの方から、「生産工程によっては既にタイやマレーシアの生産効率の8割から9割まで上がってきている。」と話され、予想以上の進歩に一瞬耳を疑ったほど驚きましたが、カンボジア人の潜在能力は実はとても高いのではないか、と思えるようなってきました。

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
PR



Comment 
Name 
Title 
Mail 
URL 
Comment 
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
上松裕士 (h_uematsu@ppsez.com)
性別:
男性
自己紹介:
2006年8月からプロジェクトが始まりました。総面積360ha(東京ドーム約77個分)、第一期141haは、既にインフラ工事が完了し、順次入居企業が工場建設、操業を始めています。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者アド
忍者ブログ [PR]