忍者ブログ
[1]  [2]  [3]  [4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




DSC01825_b.jpgDSC01824_b.jpg






6月26日(金)には、JETRO主催の「カンボジア物流ワークショップ」が行われました。プノンペンはバンコクとホーチミンを結ぶ南部東西回廊の中心に位置しており、メコン地域の物流ネットワーク構築の際、重要な都市の一つとなり得ます。カンボジアの物流業界からも数多く参加者がありました。これからも日本の政府関係機関主導のセミナーが、カンボジアで継続的に行われることを期待しています。

DSC01829_b.jpgセミナーでのJETRO林理事長のご挨拶の後、理事長始めJETRO職員の方々が、PPSEZにわざわざ視察に来られました。日本の製造業をカンボジアに誘致する際、PPSEZを現状最有力候補地と評価いただいているようで、今までJETROには、職員の方々の視察だけでなく、投資セミナーでのプレゼン機会を与えていただくなど、大変お世話になっています。








DSC01833_b.jpgDSC01831_b.jpgDSC01835_b.jpg







今回は、物流セミナーを主催されたことから、PPSEZ内の物流拠点となるドライポートを中心に視察されました。このドライポートは、シンガポールの物流専門会社、Bok Seng Groupが運営しています。ドライポートの最大の利点は、敷地内で通関手続きが出来るため、港や国境では書類の確認だけですむことです。さらにここのドライポートは、PPSEZ外の輸出品も受け入れており、プノンペン周辺で生産されたアメリカやEU向けのアディダスやナイキ等海外ブランド品の荷物も、ここでコンテナに積み込み、主にシハヌークヴィル港から輸出されています。
このように、カンボジアの物流事情も日に日に進歩しています。
PR



4月22日(水)には、午前にJETRO東京本部、バンコク事務所、ダッカ事務所の方々5名が、午後に日本経団連アジア・大洋州地域委員会共同委員長土橋昭夫氏が率いる視察団5名がそれぞれ来訪されました。
日本からの投資を促進するために、JETROプノンペン事務所の開設は、現地で活動する日系企業の強い希望でもあります。
また、第二東西回廊のホーチミンとバンコクに挟まるプノンペンの経済発展に、日本からの投資には今後ますます大きな期待がかけられていくと考えています。

次のJETROが取材した「世界は今~ジェトロ・グローバル・アイ~動き出したカンボジア・ビジネス」をご参照下さい。
http://www.jetro.go.jp/tv/internet/20081016312.html





DSC00889_b.jpg






今日は、福岡貿易会主催の民間企業を中心とした視察団が20数名訪問されました。日本の地方都市からもカンボジアへの関心が高まっていることの表れと考え、非常に喜ばしいことです。
これほど、日本から視察団が連続して来られることは、2年前に私がカンボジアに赴任した時は、全くありえなかったことです。
今はひたすら種まきの時期ととらえ、数年後に大豊作の収穫時期を迎えるべく、色々とやるべきことを日本からのお客様との議論を通して、よりクリアにすることが出来たと思います。



DSC00871_b.jpgDSC00882_b.jpg






翌14日(土)には、貿易研修センター、経済産業省アジア大洋州課、中小企業基盤整備機構の方々が視察に見えました。メコン圏への中小企業進出の現状と今後の可能性、企業支援のニーズを把握することが目的とのことです。
より多くの日本企業を誘致するために、受け入れ側が用意しなければいけない様々な施策のアイデアをいただいて、大変有意義なデスカッションの機会となりました。



DSC00858_b.jpgDSC00864_b.jpg

 

 

 

13日(金)に、武藤敏郎前日銀副総裁、大和総研理事長を団長とする視察団が来られました。民間企業の役員、管理職の方々が参加されており、PPSEZの現状と日本の革靴メーカー、タイガーウィング社の工場の様子を熱心に視察されました。
このように、日本からの投資視察団の多くが、PPSEZに訪ねていただくことは、大変光栄なことです。また、日本で働いていると恐らくお会いする機会はないだろうと思われる方々とも、お話し出来て、私自身も貴重な経験をさせていただいています。
こうした視察を重ね、カンボジアに近い将来、より多くの日本企業が進出できるように、PPSEZも投資環境の改善に努力していきたいと考えています。




カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
上松裕士 (h_uematsu@ppsez.com)
性別:
男性
自己紹介:
2006年8月からプロジェクトが始まりました。総面積360ha(東京ドーム約77個分)、第一期141haは、既にインフラ工事が完了し、順次入居企業が工場建設、操業を始めています。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者アド
忍者ブログ [PR]