忍者ブログ
[1]  [2]  [3]  [4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




DSC02393_b.jpg






10月8日(木)には、シンガポール日本商工会議所の視察団が訪問されました。日本企業の多くが、アジア地域の統括機能をシンガポールに持っているので、今後メコン地域への投資戦略を練っていく際に、ぜひともカンボジアを投資対象の一つとして、検討していただくことを希望しています。
カンボジアが将来、バンコク~ホーチミンを結ぶ南部東西回廊の中継地点として、日本企業のASEAN域内での生産分業体制に、組み込まれていくことが、カンボジアの経済発展が次のステップに行ける重要な鍵だと考えています。
先月あたりから、様々な分野の方々にご来訪いただき、まさに千客万来の状況で、大変有り難いことです。これも、味の素が英断を下された効果だと思います。
PR



昨今、メコン地域、特にバンコク~プノンペン~ホーチミンを結ぶ南部東西回廊への関心の高まりから、調査対象として、PPSEZに訪問される大学の先生、学生さんたちも増えてきています。9月には、次の方々にご来訪いただきました。

立命館大学経済学部、国際関係学部教授
同志社女子大学現代社会学部教授
名古屋大学大学院国際開発研究科助教授(カンボジア人)
京都大学経済学部准教授とゼミの学生
さらには、オランダのmaastrichtという大学から、オーストリア人の先生も調査に来られました。

こうして大学の先生方と、お話しする機会があることで、私もメコン地域の中でのPPSEZの位置づけや役割を体系的に、考えることが出来るようになります。これからも様々な大学や研究機関とも情報交換させていただきながら、PPSEZの発展戦略に活かして行きたいと考えています。



DSC02293_b.jpg







黒木大使が訪問された日の午後には、アジア経済研究所の研究員の方々8名が、調査に来られました。さずが研究者だけあって、みなさんこまめにメモをとりながら、聞かれていました。私の大学時代の友人が、同研究所に勤務しているので、私がこのプロジェクトに関わることになった2年半前、「いつかアジ研に調査に来てもらえるようなプロジェクトにするぞ。」と密かに目標にしていました。その目標がついに達成でき、感慨深いものがあります。



 8月26日にカンボジアへ着任されたばかりの黒木雅文日本国大使が、9月11日にPPSEZに来訪されました。お忙しい中、わざわざ御足労いただき、大変光栄なことです。
DSC02185_b.jpgDSC02186_b.jpg







カンボジア人スタッフから、ご来訪に対し敬意を表したいと声があがり、スタッフ総出で日本とカンボジアの国旗を持って、ご到着を歓迎させていただきました。

DSC02227_b.jpgDSC02237_b.jpgDSC02247_b.jpg








まずはパワーポイントを使って、PPSEZの概要をご説明し、その後、カンボジアの各省庁から派遣されてきている「ワンストップサービスセンター」の役人たちを表敬訪問されました。画像中央は、通関手続きを担当する税関職員(普段はワイシャツ姿の時も多いのですが、今日は制服でバシッときめています。)、右は工場で労務問題が発生した時に、直ちに工場にかけつけ仲裁に入る労働省の職員です。

DSC02267_b.jpgDSC02280_b.jpgDSC02282_b.jpg







続いて、日本の革靴メーカー、タイガーウィング社の工場、ドライポート、自家発電施設を視察され、熱心に質問をされていました。
味の素の入居が決まり、ますます注目度が高まるPPSEZ、その分、皆様の期待に応えられるだけの質の高いサービスをご提供できるよう、引き続き努力していきます。



DSC02098_b.jpgDSC02085_b.jpg






PPSEZには、日本からだけでなく様々な国々から視察に来訪していただいてます。この2ヶ月くらいの間だけでも、タイのBoard of Investmentやヴェトナム政府機関からの視察団が訪れました。8月18日(火)には、シンガポール・ビジネス・フェデレーション率いる御一行24名が訪問しました。あいかわらずカンボジアも経済状況は厳しいですが、ここ数ヶ月、カンボジアを次の投資対象国としてとらえている各国からの訪問客や問い合わせが確実に増えています。
PPSEZにはデビッド・シム(David Sim)というシンガポール人スタッフもいるので、彼が中心に対応しました。なお、デビッドの父親は、リー・クワンユー元首相の側近として、チャンギ空港の建設を始めシンガポールの経済発展に多大な貢献をした高級官僚、故シム・キーブン氏(Mr. Sim Kee Boon)です。
(故シム氏の功績に関しては、次のウェブアドレスをご参照下さい。http://en.wikipedia.org/wiki/Sim_Kee_Boon



カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
上松裕士 (h_uematsu@ppsez.com)
性別:
男性
自己紹介:
2006年8月からプロジェクトが始まりました。総面積360ha(東京ドーム約77個分)、第一期141haは、既にインフラ工事が完了し、順次入居企業が工場建設、操業を始めています。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者アド
忍者ブログ [PR]