忍者ブログ
[64]  [63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




DSC01825_b.jpgDSC01824_b.jpg






6月26日(金)には、JETRO主催の「カンボジア物流ワークショップ」が行われました。プノンペンはバンコクとホーチミンを結ぶ南部東西回廊の中心に位置しており、メコン地域の物流ネットワーク構築の際、重要な都市の一つとなり得ます。カンボジアの物流業界からも数多く参加者がありました。これからも日本の政府関係機関主導のセミナーが、カンボジアで継続的に行われることを期待しています。

DSC01829_b.jpgセミナーでのJETRO林理事長のご挨拶の後、理事長始めJETRO職員の方々が、PPSEZにわざわざ視察に来られました。日本の製造業をカンボジアに誘致する際、PPSEZを現状最有力候補地と評価いただいているようで、今までJETROには、職員の方々の視察だけでなく、投資セミナーでのプレゼン機会を与えていただくなど、大変お世話になっています。








DSC01833_b.jpgDSC01831_b.jpgDSC01835_b.jpg







今回は、物流セミナーを主催されたことから、PPSEZ内の物流拠点となるドライポートを中心に視察されました。このドライポートは、シンガポールの物流専門会社、Bok Seng Groupが運営しています。ドライポートの最大の利点は、敷地内で通関手続きが出来るため、港や国境では書類の確認だけですむことです。さらにここのドライポートは、PPSEZ外の輸出品も受け入れており、プノンペン周辺で生産されたアメリカやEU向けのアディダスやナイキ等海外ブランド品の荷物も、ここでコンテナに積み込み、主にシハヌークヴィル港から輸出されています。
このように、カンボジアの物流事情も日に日に進歩しています。
PR



Comment 
Name 
Title 
Mail 
URL 
Comment 
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
上松裕士 (h_uematsu@ppsez.com)
性別:
男性
自己紹介:
2006年8月からプロジェクトが始まりました。総面積360ha(東京ドーム約77個分)、第一期141haは、既にインフラ工事が完了し、順次入居企業が工場建設、操業を始めています。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者アド
忍者ブログ [PR]