忍者ブログ
[63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




DSC01815_b.jpgDSC01785_b.jpg






6月25日(木)には、カンボジア経済特区協会(Cambodia SEZ Association)の設立に向けて、複数の関心あるSEZ開発業者との会合を持ちました。現在、カンボジア政府は21ヶ所のSEZ開発許認可を出していますが、実際インフラを整備して稼動させているSEZは、非常に限られています。今回参加した開発業者は、PPSEZの他、べトナム国境沿いで台湾資本が開発運営するマンハッタンSEZ、JICAが融資をしているシハヌークヴィル港SEZ、PPSEZを開発運営するリム女史が開発を進めているスタン・ハブSEZの4社のみでした。
他のSEZにも積極的な参加を促し、協力して投資の促進を行っていくことを話し合いました。また、様々な課題を共有し、組織的に政府と連携して、投資環境の改善を推し進めていくことも確認しました。
なお、この協会の設立の準備には、世界銀行の民間事業促進機関、国際金融公社(International Finance Corporation)が、サポートしてくれています。
PR



Comment 
Name 
Title 
Mail 
URL 
Comment 
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
上松裕士 (h_uematsu@ppsez.com)
性別:
男性
自己紹介:
2006年8月からプロジェクトが始まりました。総面積360ha(東京ドーム約77個分)、第一期141haは、既にインフラ工事が完了し、順次入居企業が工場建設、操業を始めています。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者アド
忍者ブログ [PR]