忍者ブログ
[72]  [71]  [70]  [69]  [68]  [67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




DSC01862_b.jpgDSC01851_b.jpg










プノンペンの中心部に、中国が援助して建てた閣僚評議会(Council of Ministers)のビルが、最近完成しました。既に職員が働き始めており、先日、日本から帰任されたばかりのカンボジア人政府高官を訪ねに、中に入る機会がありました。画像のように、近代的なデザインの立派なビルです。

DSC01849_b.jpgDSC01848_b.jpg







建物の中央部は、ピラミッドのような形をした会議室があります。また、正面入り口には、巨大な壁画が出迎えてくれます。
ただ、この建物、施工は中国の会社が行い、日本人の目からみると、やっぱり内装工事の仕上げの荒さが目につきます。また、デザインにクメール伝統様式を取り入れてないことにご不満なフンセン首相は、すぐ隣に自分が執務を行う首相府を建て始めてしまいました。この件は、地元の新聞でも報道され、最初「ホントかな?」と思っていたのですが、どうも本当の話しのようです。

PR



Comment 
Name 
Title 
Mail 
URL 
Comment 
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
上松裕士 (h_uematsu@ppsez.com)
性別:
男性
自己紹介:
2006年8月からプロジェクトが始まりました。総面積360ha(東京ドーム約77個分)、第一期141haは、既にインフラ工事が完了し、順次入居企業が工場建設、操業を始めています。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者アド
忍者ブログ [PR]