忍者ブログ
[119]  [118]  [117]  [116]  [115]  [114]  [113]  [112]  [111]  [110]  [109
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




DSC00766_b.jpg




インド人が経営する食品加工メーカー、Cambodia Food Processing and Distribution Co., Ltd.(現地法人名)の進出が決定しました。既にタイでは長年工場を操業しているということで、今回カンボジアにも加工拠点を設けることになりました。ビンロウをカンボジア国内で調達し加工した後、タイやインドに輸出する計画です。床面積約1,000m2の小さい工場ですが、「インド・メコン経済回廊」の構築の始まりを感じさせる投資です。
最近、アジア各国の食品加工、飼料産業の問い合わせが増えてきています。近年、カンボジアが農業分野への海外投資を積極的に誘致している流れに呼応する形で、食品加工分野の工場が増えていきそうな予感です。カンボジアの製造業が今まで基本的に縫製業だけだったのが、少しずつ多角化してきていると思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
PR



Comment 
Name 
Title 
Mail 
URL 
Comment 
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
上松裕士 (h_uematsu@ppsez.com)
性別:
男性
自己紹介:
2006年8月からプロジェクトが始まりました。総面積360ha(東京ドーム約77個分)、第一期141haは、既にインフラ工事が完了し、順次入居企業が工場建設、操業を始めています。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者アド
忍者ブログ [PR]