忍者ブログ
[112]  [111]  [110]  [109]  [108]  [107]  [106]  [105]  [104]  [103]  [102
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




DSC02581_b.jpgDSC02592_b.jpgDSC02595_b.jpg









12月15日(火)から18日(金)まで、カンボジア輸出入・一村一品展示会が開かれていました。仕事帰りに夕方立ち寄った時には、買い物目的であふれんばかりの人たちが来ていました。

DSC02585_b.jpgDSC02582_b.jpgDSC02583_b.jpg





昨年の展示会と比べると、カンボジアの各州で生産されている品々のバラエティが増えている印象をもちました。米粉やタピオカ粉、天然ゴムも展示されていました。ゴムのプランテーションがあるのは知っていましたが、米粉やタピオカ粉がカンボジア国内で生産されていることは、今まで知りませんでした。



DSC02587_b.jpgDSC02588_b.jpg








カシューナッツもきちんと製品化されて販売していました。画像にある黄緑色の箱の製品は、一箱7,000リエル(=約1.7ドル)で、味もスーパーなどで売られている輸入品と比べても、遜色ないものでした。私は、二箱買いました。50ドル紙幣しかなかったのですが、お兄さんは快くおつりを用意してくれ、「お待たせしました、ありがとうございます。」と挨拶もちゃんと出来、接客も満足できました。ただ、「プノンペンのどこで買えるの?」と聞くと、「まだお店がないので、自分たちの町まで来てもらわないと...」と言っていたので、彼らに必要なのは、販路と物流なんだろうな、と思いました。

DSC02589_b.jpgDSC02590_b.jpg





また、ヤシの実からとれる砂糖も製品化され、都市部の有名レストランなどで、料理に使われているそうです。


DSC02591_b.jpg有機野菜づくりの取り組みも展示していました。スーパーに行くと、ベトナムから輸入されている野菜が目立つのですが、こうした地場産の生産者の顔が見える野菜が、買いやすくなると安心です。







DSC02593_b.jpgDSC02596_b.jpgDSC02597_b.jpg







ヴェトナムや中国、タイのブースもありました。タイとは、国境問題を始め政治的対立が表面化していますが、唯一タイの大手食品加工メーカー、CPががんばって出展していました。(CPはプノンペン郊外に既に飼料工場を操業しています)

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
PR



Comment 
Name 
Title 
Mail 
URL 
Comment 
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
上松裕士 (h_uematsu@ppsez.com)
性別:
男性
自己紹介:
2006年8月からプロジェクトが始まりました。総面積360ha(東京ドーム約77個分)、第一期141haは、既にインフラ工事が完了し、順次入居企業が工場建設、操業を始めています。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者アド
忍者ブログ [PR]