忍者ブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




DSC02396_b.jpg






昨日、韓国から家畜飼料加工用機械を生産する会社の社長がPPSEZ本社事務所を訪れ、1.2haの工業用地を99年間リース*する仮契約を結びました。
この会社は、国道4号線沿い(プノンペンとシハヌークヴィル港を結ぶ幹線道路)の家畜飼料を生産する工場に機械を納入したばかりで(写真)、カンボジア市場の今後の発展を有望視し、今度はカンボジアで機械を生産する計画とのことです。
PPSEZにとっては、今年初めての入居企業で、この世界経済危機、韓国通貨の下落の中で、誘致に成功したことは、非常に大きな意味があると思います。
昨年後半から、韓国企業向け営業スタッフとして、韓国人スタッフを採用したことが、実を結びました。
ただし、私たちとしては工場がきちんと稼動するようになるまで、投資申請手続きから始まる様々な準備をサポートしていくことが、大きな責任と考えています。
*外国企業は、カンボジアの憲法上、土地所有はできませんが、99年間リースでき、国からその権益を保証する証明書も取得できます。
PR



カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
上松裕士 (h_uematsu@ppsez.com)
性別:
男性
自己紹介:
2006年8月からプロジェクトが始まりました。総面積360ha(東京ドーム約77個分)、第一期141haは、既にインフラ工事が完了し、順次入居企業が工場建設、操業を始めています。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者アド
忍者ブログ [PR]