忍者ブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




DSC04580_b.jpgDSC04584_b.jpg







ヴェトナムからの変圧器工場の起工式が、7月25日(月)に行われました。2haの土地に、変圧器の組み立てとメンテナンスを国内市場向けに行う工場を、ヴェトナムの建設会社により、建設します。着工が、延び延びになっていましたが、既に仮事務所はPPSEZ内にかまえていましたので、気長にこの日をお待ちしていました。
画像は、こうしたカンボジアの式典には必ず登場する伝統舞踊アプサラダンス、何度見てもあでやかな動きにみとれてしまいます。そして、THIBIDI本社社長の挨拶です。

DSC04588_b.jpg







今年に入って、4回起工式に招待いただきましたが、横一列にいっせいに並んでの鍬入れの儀は、初めてです。ヴェトナムでは、一般的な様式のようです。

THIBIDIについては、次のページもご覧下さい。
http://ppsez.blog.shinobi.jp/Entry/165/

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
PR



DSC04511_b.jpgDSC04510_b.jpg






7月8日(金)には、住友電装の100%子会社、Sumi (Cambodia) Wiring Systems社の地鎮祭が厳かに執り行われました。3haの土地に来年5月の操業開始を目標に自動車用ワイヤーハーネスの生産工場を建設します。同社ウェブサイトの海外関係会社ページにしっかりカンボジア法人の名前が記されました。
http://www.sws.co.jp/corporation/office_asia.html
なお施工は、日本を代表するスーパーゼネコン、大成建設が請け負います。
現在、PPSEZでは他鴻池組、佐藤工業、大豊建設、大気社、富士古河E&C、住友電設といった日本の建設及び設備会社が施工に携わっています。

ヤマハ発動機から味の素、ミネベアそして住友電装と続く日本企業の進出に対して、地元メディアは、カンボジアの「インダストリアル・エボリューション」として、最大の賛辞で報道しました。
http://khmernz.blogspot.com/2011/02/cambodia-returns-to-industrial.html

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ



DSC04151_b.jpgDSC04149_b.jpgDSC04150_b.jpg







東京に本社のあるオーアンドエム工芸という会社が、カンボジアに現地法人を設立し、工場建設を始めています。イギリスの某有名ブランドの財布、名刺入れ、手帳などの高級革製品を中心に日本市場向けに生産している会社です。今まで中国で生産してきましたが、昨今のコスト上昇、人材不足に直面して、様々な国を検討された結果、カンボジアに決められました。
一種の職人技の世界とも言える革製品の生産が、どのようにカンボジアに根づいて発展していくのか、これから期待とともに注目です。

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ



DSC03440_b.jpgDSC03443_b.jpg







ホーチミンに行った際、新規入居企業のTHIBIDI(Electrical Equipment Company)の本社工場にお邪魔しました。この会社は、ヴェトナムを代表する変圧器を製造している国営企業です。材料の一部は、日本からも調達しているそうです。
THIBIDIに関しては、次のウェブサイトをご覧下さい。
http://www.thibidi.com.vn/index.php?lang=en&page=1
カンボジアでは、現在、カンボジア開発協議会(CDC)に投資申請手続き中で、年内に工場建設着工の予定です。

DSC03444_b.jpg





敷地内には、様々な変圧器が所狭しと並べられています。今までPPSEZ内の変圧器は、この会社から輸入して、使っていましたが、工場が操業を始めると、ここから調達出来るようになるので、とても便利になります。
最近、ヴェトナムから金融業、通信産業、小売業、農業などの分野で、カンボジアへの投資が活発になってきていますが、製造業の投資も増えてくると期待出来ます。

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ



長い間の沈黙失礼いたしました。
小型モーター、ベアリング製造大手のミネベアがPPSEZに進出します!今までカンボジアでは、本格的な精密機械部品の工場は皆無でしたので、ミネベアの進出は、PPSEZのみならずカンボジアの歴史上、偉大な快挙です。これは、今までカンボジアの復興、開発に真摯に取り組んできたカンボジア人と日本人全員の努力の賜物だと思います。
この数ヶ月、様々な対応で忙しくしており、ブログの更新も久しく怠っていました。これを機会にまたPPSEZやカンボジアの最新動向を発信できれば、と考えています。

今朝の日本経済新聞に記事が掲載されていますので、詳細はそちらをご参照下さい。
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C889DE3E5E2EBE7EAE7E2E0E4E3E2E0E2E3E28698E3E2E2E2;at=DGXZZO0195165008122009000000

ミネベアは有名な会社ですので、ご存知の方が多いと思いますが、次のウェブサイトをご参照下さい。
http://www.minebea.co.jp/

PPSEZとしましては、これからミネベアがカンボジアで順調に工場を稼動できるように、ありとあらゆるサポートをさせていただくつもりです。

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ



カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
上松裕士 (h_uematsu@ppsez.com)
性別:
男性
自己紹介:
2006年8月からプロジェクトが始まりました。総面積360ha(東京ドーム約77個分)、第一期141haは、既にインフラ工事が完了し、順次入居企業が工場建設、操業を始めています。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者アド
忍者ブログ [PR]