忍者ブログ
[89]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [79
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




DSC02356_b.jpgDSC02353_b.jpgDSC02352_b.jpg






コッコン市内に入ると、タイとの国境につながる長さ1.5kmほどの橋がかかっています。兵隊や警察が立っていたので、最初、検問があるのかなと思って、恐る恐る橋に向かうと、別に止められることもなくあっさり橋を渡ることができました。渡りきった所に料金所があり、普通車で4,800リエル(約1.2ドル)の通行料を払いました。
橋を渡ってそのまま5分ほど走ると、コッコン経済特区の門が見えてきました。この経済特区は、カンボジアの有力な企業家で上院議員でもあるリー・ヨンハット(Ly Yong Phat)氏が開発しており、韓国ヒュンダイ自動車の組立工場を誘致したことで、話題になっています。実際現場を見てみると、まだ工場建設が始まっていないようです。道路等のインフラも十分整備されているとは言えず、電線の引き込みだけ確認できました。表の道路沿いには、商業施設らしい建物がありますが、大半はシャッターが閉まっており、閑散としています。
なお、この自動車組立工場は、カンボジア開発評議会(CDC)には、Camko Motor Co., Ltd.という会社名で登記されていますが、ヒュンダイ自動車自体がどのように関与しているかが、気になるところです。
PR



Comment 
Name 
Title 
Mail 
URL 
Comment 
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
上松裕士 (h_uematsu@ppsez.com)
性別:
男性
自己紹介:
2006年8月からプロジェクトが始まりました。総面積360ha(東京ドーム約77個分)、第一期141haは、既にインフラ工事が完了し、順次入居企業が工場建設、操業を始めています。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者アド
忍者ブログ [PR]