忍者ブログ
[86]  [85]  [84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




DSC02298_b.jpgDSC02303_b.jpg







9月15日(火)に関税局主催の「経済特区特別通関手続き」セミナーが同局会議室で開かれました。経済特区開発業者、投資企業が招待され、多くの税関職員も出席し、関税局が現在着手している経済特区の通関手続きの改革政策を具体的に説明してくれました。
最初にペン・シマン関税局長(Dr. Pen Siman, Delegate of the Royal Government of Cambodia)から開会の挨拶があり、その後、ペン・サマアディレクター(Dr. Pen Sam Ath, Director of Legal Affairs, Audit and Public Relation Dept., Customs & Excise General Dept.)から具体的な改革政策の説明が行われました。なお、このお二人は、兄弟です。

DSC02306_b.jpgDSC02310_b.jpg








特筆すべき点は、今まで免税措置で輸入する建設資材や生産機械、原材料はマスターリストを作成し、事前に承認を得る必要があったのですが、急な変更や追加があった場合、経済特区に常駐する税関責任者の裁量で、リストに載っていなくてもとりあえず通関手続きを行い、事後でマスターリストを訂正提出することが出来るようにする、ということです。これにより輸入時の融通度合いが飛躍的に高まり、よりスピーディな輸入手続きが可能となります。
ペン・サマアディレクターの「経済特区を、カンボジアへの投資を促進するために、特別にする!というスピリットのもと、我々は改革を続ける。」という強い意思表明には、素直に感動すらおぼえました。また、3ヶ月前に新設されたばかりの経済特区を管轄する部署の責任者、キム・ヌオンディレクター(Director of Office in charge of Dept. of Free Zone Management)が最後に、「今まで色々といたらない点があったとすれば、お詫びします。これからは、積極的に民間企業と情報交換、意見交換の場を持ち、何か問題が発生すれば直接顔を突き合わせて解決していきましょう。」と、サービス精神あふれる挨拶を行い、これまた関心してしまいました。
正直、昨年まで私は、カンボジアの税関と言えば、投資企業の輸入時にああだこうだ難癖つけて、貨物を港で止め、ワイロを要求してくる諸悪の根源だ、と思っていたのですが、今年に入って劇的に改善し続けています。まず、職員の態度がこちらが拍子抜けするほど低姿勢になり、フレンドリーです。顔なじみの職員は皆、笑顔で握手してくれます。もはや某投資受入機関より、好感度だんぜん高いです。さらに、精力的に改革のための省令を発布し、法的制度的基盤の整備も進めています。
関税が国家税収の約7割を占めると言われるカンボジア、政府内で絶大な実権を持ち、フンセン首相の重要な政権基盤とも言われる関税局、ここがこのまま変って行けば、カンボジアの投資環境は飛躍的に改善して行くと思います。
ちょっとほめすぎて、読者の方々は「ホントかよ?」と思われるかもしれませんが、もしカンボジアに来られる機会があれば、税関職員をいつでもご紹介いたします。

関税局との連携に関しては、下記ページをご参照ください。
http://ppsez.blog.shinobi.jp/Entry/41/
http://ppsez.blog.shinobi.jp/Entry/64/

カンボジア関税局のウェブサイトもお訪ね下さい。(こちらも日に日に改善しています。)
http://www.customs.gov.kh/
PR



Comment 
Name 
Title 
Mail 
URL 
Comment 
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
上松裕士 (h_uematsu@ppsez.com)
性別:
男性
自己紹介:
2006年8月からプロジェクトが始まりました。総面積360ha(東京ドーム約77個分)、第一期141haは、既にインフラ工事が完了し、順次入居企業が工場建設、操業を始めています。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者アド
忍者ブログ [PR]