忍者ブログ
[206]  [205]  [204]  [203]  [202]  [201]  [200]  [199]  [198]  [197]  [196
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




しばらくブログの更新を怠っており、失礼しました。この間、PPSEZへの入居企業は、仮契約を含めると34社に増え、そのうち日本企業は19社に達しました。昨年までの日本企業が10社で、今年は「倍増計画」と密かに目標に掲げていたのですが、現実味を帯びてきました。さらに最近の傾向として、欧米先進諸国からの製造業の視察が、増えてきました。今のところ欧米諸国からの進出はゼロなので、来年に向けてまずは1社誘致することが大きな目標です。

こうなってくるとますます重要になってくるのが、労働力の安定確保です。前回までの状況把握をふまえて、PPSEZでは、以下のことに今年から積極的に取り組んでいます。
まず、ラジオコマーシャルで、継続的にPPSEZの広報活動を行っています。電化率の低いカンボジアでは、電池が使えるラジオが地方の人々の有効な情報媒体の一つなので、繰り返し宣伝することで、刷り込み効果をねらっています。
次に、プノンペン周辺の州を中心に積極的にPPSEZのスタッフが出向き、まずはPPSEZの紹介、そして入居企業の採用情報を伝える活動を地道に行っています。ここで肝心なのは、いかに村の村長さんの信用を勝ちうるかということです。カンボジアの特に田舎の人たちにとって、信頼の出来る人からの情報ほど、効果的な媒体はありません。つまり「口コミ力」が一番大切です。村長さんに後押ししてもらえるようになると、応募者が集まりやすくなる傾向があります。
08062011190.jpgIMG_2487_b.jpg27072011067_b.jpg








(画像は、PPSEZと入居企業合同の就職説明会です)

ただし、いきなり村に飛び込んでも、「何者じゃ、おまえらは?」となるので、村長さんの信用を得るために、郡長に挨拶に行き、郡長に信用されるために、州の労働局に挨拶に行き、また必要に応じて州知事にも挨拶に行き、州知事に挨拶に行くために、労働省から一筆書いてもらい、と結構、ヒエラルキーをわきまえないといけません。
こうした地をはうような取り組みを通して、PPSEZの入居企業が、労働力を安定的に確保できるように、カンボジア全土に網の目を張り巡らしている最中です。

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
 
PR



Comment 
Name 
Title 
Mail 
URL 
Comment 
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
上松裕士 (h_uematsu@ppsez.com)
性別:
男性
自己紹介:
2006年8月からプロジェクトが始まりました。総面積360ha(東京ドーム約77個分)、第一期141haは、既にインフラ工事が完了し、順次入居企業が工場建設、操業を始めています。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者アド
忍者ブログ [PR]