忍者ブログ
[210]  [209]  [208]  [207]  [206]  [205]  [204]  [203]  [202]  [201]  [200
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




DSC05354_b.jpgDSC05355_b.jpg








12月17日(土)にミネベアカンボジア工場の開所式が盛大に行われました。今年の4月からレンタル工場で、小規模生産を開始されていましたが、5月24日(火)に自社工場を着工してから、予定通りわずか7ヶ月で竣工です。さすが、日本のゼネコン(佐藤工業)の仕事です。

DSC05365_b.jpg






式典には、フンセン首相を始め多くの閣僚が出席しました。会場には近隣の住民も招待され、4,000人もの人たちで埋まりました。フンセン首相の演説は、同時通訳のおかげで内容が理解できたのですが、実に感動的なものでした。
来賓として出席されていた牧野経産省副大臣に向かって、「日本は、大地震と津波で困難な状況にあるにもかかわらず、カンボジアの洪水被害に対して、支援の手を差し伸べてくれた。これは、両国が真の友人であることの証だ。」
またタイ政府からの来賓に向かっても「ミネベアは、タイの洪水から逃れるためにカンボジアに来たのではない。ミネベアは、タイでも新たな投資をし、そしてカンボジアにも投資をした。これは両国の発展に寄与するものだ。この点を明確にしておきたい。」
さらには「ミネベアのカンボジアでの成功が、カンボジアの成功につながる。ミネベアが何か困ったことがあれば、経済財務大臣で解決できなければ、自分自身で解決させるつもりだ。税関もよく心しておきなさい。汚職防止委員会も出来たことだしな。」
この時は、会場から拍手がわき上がり、思わず私も割れんばかりの拍手をしてしまいました。
フンセン首相の演説は、人の心をつかむ魅力があります。なぜ長期政権でかつ根強い人気を維持し続けられているのか、その理由を垣間見れた気がしました。

DSC05369_b.jpg





全長400m(幅70m)の新工場、まあ長い建物です。プノンペンに来られる際、南西ルートからの着陸の場合、座席Aの窓側から、眼下に工場を見ることが出来ます。一度、お試し下さい。

DSC05371_b.jpg





この日から「Passion to Exceed Presicion」と新しいスローガンをつけたロゴに新調、正面玄関のライトアップされたロゴは、カッコよいです。

詳細は、次のミネベア社のプレスリリースをご覧下さい。
http://www.minebea.co.jp/press/2011/1186483_4117.html

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
 
PR



Comment 
Name 
Title 
Mail 
URL 
Comment 
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
上松裕士 (h_uematsu@ppsez.com)
性別:
男性
自己紹介:
2006年8月からプロジェクトが始まりました。総面積360ha(東京ドーム約77個分)、第一期141haは、既にインフラ工事が完了し、順次入居企業が工場建設、操業を始めています。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者アド
忍者ブログ [PR]