忍者ブログ
[190]  [189]  [188]  [187]  [186]  [185]  [184]  [183]  [182]  [181]  [180
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




DSC04170_b.jpgDSC04171_b.jpg






さる5月7日(土)に、タイガーウイング社と協同で、防災訓練を行いました。PPSEZも少しずつ工場が増えてきて、「これから人もどんどん増えるし、火事になったら、どうしようかなあ。プノンペンの消防署は頼りにならんしなあ。」と思い悩んでいたところ、タイガーウイングさんのご紹介で、心強い味方が登場しました。日本のNPO「日本国際救急救助技術支援会」代表正井潔さんと、この方が指導するカンボジア王国軍レスキュー隊のみなさんです。タイガーウイングさんの本社は神戸市、正井さんは同じ神戸の元消防隊員というご縁で、お知り合いになることが出来ました。
防災訓練は、日本なみに本格的なもので、工員さんたちも避難指示のもと屋外にいっせい整列。
DSC04175_b.jpg






しかしカンボジア人にとっては、もくもくと上がる黒煙がきつすぎたのか、訓練中何人かがホントに倒れてしまうハプニングが...幸い待機していた日本製の救急車にかつぎこまれて、すぐに国軍病院に搬送されました。
DSC04185_b.jpgDSC04184_b.jpgDSC04188_b.jpg










消火訓練も本格的なものでした。消防車や隊員の防火服も全て日本からの寄贈です。予想以上のきびきびとした動きにえらく感心しましたが、正井さんいわく「私は日本のレベルを求めますから。今日は、おわかりにならんかったと思うけど、ミスがありましたわ。」と厳しくピシャリ。さすが、人の命を守る使命を持つ方は、妥協を許さないんだ、と身の引き締まる思いがしました。
ちなみに火事や急病人の発生の場合、通報から10分程度で、PPSEZにかけつけてくれます。
「日本国際救急救助技術支援会」については、次のウェブサイトをご覧ください。
http://www.jpr.gr.jp/
また、今回の訓練が同支援会のブログでも紹介されています。
http://blog.goo.ne.jp/jpr-ml/e/7395e2ee35ed291cddc60eee0980149f

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
PR



Comment 
Name 
Title 
Mail 
URL 
Comment 
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
上松裕士 (h_uematsu@ppsez.com)
性別:
男性
自己紹介:
2006年8月からプロジェクトが始まりました。総面積360ha(東京ドーム約77個分)、第一期141haは、既にインフラ工事が完了し、順次入居企業が工場建設、操業を始めています。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者アド
忍者ブログ [PR]